旅行大好き、国内・海外旅行マニア
旅行について。国内・海外旅行の情報。色んな温泉、国の紹介、卒業旅行、ハワイ旅行、格安旅行、バイク・自動車旅行、家族旅行・・・。旅行大好き。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新婚旅行、ハネムーンについて
新婚旅行ハネムーンは人生で最高に幸せな時ですよね。
結婚をして、幸せな二人が、これからの人生に向けて
二人で旅行をする。
海外に行く方が多いようですが、
国内旅行もあります。
ハワイ、アメリカ、ヨーロッパ、グアム、オーストラリア・・・
新婚旅行は、少しリッチにお金を掛ける人も多いようです。
海外で結婚式を挙げるという人も増えています。
ハネムーンは、とても幸せな旅行です。



新婚旅行(しんこんりょこう)とは結婚したばかりの夫婦二人だけで旅行に出かけること。ハネムーンないし蜜月(みつげつ)ともいう。


新婚旅行の概要
日本では、新婚夫婦の大半が旅行に行くものとされ、特に高度経済成長期以降には日本国外に旅行するケースが多い。



ハネムーン
ハネムーンの語源は蜂蜜酒に関連する。古代から中世にかけてのヨーロッパでは、新婚家庭で花婿に精力増強効果が期待され、またはミツバチの多産にあやかって蜂蜜酒が飲まされた。この約1ヶ月の間、新郎新婦は家から出ずに子作りに励んだという。

今日で云う所のハネムーンでは、流石に蜂蜜酒を飲みながら行為に耽る事はしないが、通例として新婚初夜から数日間は旅行しながら濃厚な休暇を楽しむものとされる。



日本の新婚旅行に関して
日本で初の新婚旅行を行ったのは、坂本龍馬とされ、お龍との新婚後暫らくは薩摩に滞在している。ただしこれは寺田屋事件で負った傷の治療(湯治)もかねてという事であるから、今日のロマンチックなものとは、些か赴きも違った事だろう。

日本では大正・昭和に入って新婚旅行に行く大衆も見られるようになった模様だが、第二次世界大戦以降の高度経済成長期までは、専ら日本国内の近場の旅行が多かった。東京の住民が熱海の温泉宿で二泊三日程度の旅行をしたなどという話も聞かれる。

その新婚旅行も、1970年代以降には急速に海外指向が増大、ハワイ等への渡航者も多く見られた。1980年代よりはインドネシア・グアムやフィリピンといった東南アジア方面も人気を集め、1990年代よりはオーストラリアやヨーロッパ方面も人気である。アジア方面では中国や韓国も文化的な親近感と観光開発の進行で人気を集めている。しかしエジプトなどの中東方面も文化的な名所の多さから人気があったものの、1990年代中葉よりしばしば発生しているテロの関係で、2000年代では人気に陰りも見られる。

特に1990~2000年代では、円高の進行は海外渡航傾向を後押ししており、豪華客船世界一周や豪華な大陸横断鉄道による列車の旅などといった多様化・高級化・長期化も見られる。ただその一方で、長引く平成不況の景気低迷で、いわゆる地味婚といった風潮も見られ、こちらでは結婚したが新婚旅行は未定期延期…という新婚家庭も見られ、またできちゃった結婚の増加も、微妙に新婚旅行の傾向に影響を及ぼしている模様だ。

だがその一方で、団塊世代(第一次ベビーブーマー)やそれ以前の夫婦では、経済的な問題があったり忙しくて余り豪華な新婚旅行が出来なかった向きが、2000年代より新婚当時は夢見て果たせなかった「豪華な新婚旅行」を取り戻すべく、定年退職後の有り余る余暇を利用しての豪華旅行といった風潮も見られ、熟年~老年夫婦の旅行も増加傾向である。旅行会社側もこれに対応し、1人数百万円という豪華パック旅行までもを企画・提供している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

団体旅行、パッケージツアー
団体旅行パッケージツアー・・・
旅行は、ツアーで行く事が多い。
団体旅行やはり安くて行けるのがメリットですね。
行動は、制限があるが、観光もできて
勝手にその場所に連れて行ってくれたりと
とても便利です。
小さいお子様のいる家族連れには、
団体旅行パッケージツアーは少し大変なところもありますが・・・



団体旅行(だんたいりょこう)とは、旅行の形態のひとつで、本来の意味は文字通り「(1人や少人数ではなく)団体で旅行をすること」であり、旅行を行なう際の人数構成に基づく旅行の種別にすぎないが、団体旅行が旅行会社の手配によるものが大半を占めることから「旅行会社の手配による大人数の旅行」という意味で使われることが多い。さらにはしばしば「旅行会社お仕着せの観光地めぐりで、本当のその地の自然や人々に触れられない、大人数での旅行」という否定的なイメージを持って語られる。

同様のことは団体旅行の反対語である個人旅行にもいえ、本来の「(団体ではなく)個人で旅行をすること」という意味から離れ「旅行会社を通さない旅行」として使われることが多い。さらにはしばしば「旅行会社に頼らず自分で考え手配した、観光地だけではないその地の本当の自然や人々に触れる、少人数での旅行」という肯定的なイメージを持って語られる



団体旅行の種類
団体旅行には大きく分けて2種類がある。
一つは企業、学校、など実際に法人として存在する団体から親睦会、同好会などの任意団体まで、何らかの同一団体に所属する人たちが観光、慰安、親睦、研修、など何らかの目的のために基本的に同一行動をとる旅行である。会社の慰安旅行や学校の修学旅行、業界団体の視察旅行などはこの例である。
もう一つは旅行会社が募集したパッケージツアーで参加者が多人数、すなわち団体になった場合の旅行である。この場合は参加者は同一の団体に所属するわけではないが、いわばそのツアー限りの団体として同じ目的(主に観光)で基本的に同一行動をとる点では上記と同様である。



団体旅行と旅行会社
簡単な旅行内容であれば幹事と呼ばれる人が直接交通機関や宿泊施設に対して旅行の手配を行なうこともあるが、複雑な旅行内容になると旅行会社に依頼して日程を組んでもらい予約手配まで行なってもらう場合が多い。旅行内容により添乗員をつけてもらう場合もある。旅行会社に日程を組んでもらった旅行で、旅行代金が包括的であった場合、旅行業法上では受注型企画旅行という旅行契約になる。前項の団体旅行の種類で最初に述べたものがこれである。2番目に述べたものは旅行会社が日程を組んで参加者を募集したものであり一般にパッケージツアーと呼ばれるが、旅行契約上は募集型企画旅行というものになる。



団体旅行パッケージツアー
旅行会社のパッケージツアー=団体旅行という認識は根強い。過去においては確かにこの数式は正しかったが、近年のパッケージツアーは個人旅行型と団体旅行型に2分化しており、旅行者のニーズの多様化を反映して今では個人旅行型のほうが主流である。むろん、団体旅行型も中高年層を中心に依然として人気は高くそれを中心に営業展開している旅行会社も多く存在する。団体型のパッケージツアーは海外・国内とも観光地やホテルなどに大型バスで乗り付けて目立つため印象が強いが、少なくとも現在の日本においては上述の数式はなりたっておらず、旅行会社のパッケージツアーの中には団体での旅行もある、というのが正しい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テーマ:旅行情報 - ジャンル:旅行

個人で旅行に行く、一人旅
個人旅行一人旅・・・
旅行にも色々な種類がありますが。

一人旅は、自由に自分の好きなように行けるのが
メリットですね。
少し寂しいのも一人旅です。
のんびりと温泉なんかにつかりながら、
心と体を癒すのも個人での旅行の良いところです。



個人旅行(こじんりょこう)とは、旅行の形態のひとつで、移動に用いる交通機関の切符(航空機の航空券、列車やバスの乗車券、船の乗船券など)や宿泊するホテルなどを自ら決定、手配して旅行することをいう。行程や宿泊地があらかじめ決められているパッケージツアーやフリープランと対極にある。海外個人旅行のことを特にFIT(Foreign Independent TravelまたはFree Individual Travel)という。



個人旅行一人旅の特徴
旅行会社と顧客が結ぶ契約上の種別としては、パッケージツアーが「募集型企画旅行」と呼ばれるのに対し、個人旅行は「手配旅行」と呼ばれる。旅行会社があらかじめ交通機関・宿泊施設・食事等のプランを組んで提供する商品が募集型企画旅行であり、旅行者が個人的な希望に沿って旅行会社へ手配を依頼する場合が手配旅行である。旅行会社を通さず、完全に個人で切符や宿を手配する旅行も個人旅行に含まれる。

募集型企画旅行は旅行会社が企画・実施し、旅行会社が責任を負う部分が多いのに対し、手配旅行は旅行会社の保証を期待できない部分が多い。言い換えればパッケージツアーを利用しない個人旅行においては、旅行者本人が自己責任を負う部分が多い。

なお「個人」と称するが、切符や宿などを自分で手配する限り、2人以上での旅行についても用いられる。したがって、文字通り1人で旅行することを指す一人旅とは意味を異にすることも。



個人旅行一人旅の利点
旅程に全く制約がなく、好きなときに好きな場所を訪問し、好きな食事を取り、宿も自分の意志で選ぶことができるのが最大の利点である。このため、バックパッカーなどに人気の旅行形態である。



個人旅行一人旅の欠点
パッケージツアーやフリープランのように団体料金が適用されにくいため、同一行程・同一内容では旅行代金が高くなる傾向にある。しかし、安く割引された航空券や乗車券を使って交通機関を利用したり、パッケージツアーでは利用されないビジネスホテル・カプセルホテル・モーテルなどの低価格の宿泊施設を利用したりすることにより、実際にはパッケージツアーよりも旅行代金を抑えることもできる。

また、パッケージツアーでは個人での訪問が不可能な場所を見学することもあり、個人旅行の場合はそのような場所を訪れることができないという欠点もある。


海外個人旅行のインターネット手配
近年はインターネットの発達の影響もあり、旅行会社の窓口を通さずに直接個人が宿などの予約を取る旅行者も多くなった。インターネット予約は利便性・簡易性・商品価格の安さなど利点が多いが、一方では、予約が容易になったがゆえに発生する問題もある。




個人旅行一人旅の内容の多様化
個人旅行というと従来バックパッカーのイメージが強かったが、近頃では個人旅行するのはバックパッカーだけではない。パッケージツアーやフリープランを利用せずに個人で宿や交通機関の手配をする場合は、個人旅行と言える。個人旅行は必ずしも「バックパック、安宿、若者、節約旅行」だけではなく、「ショルダーバッグ、中級ホテル、女性一人旅、エステ体験」のこともあるし、「スーツケース、素敵なホテルや旅館、中高年、レストランでのディナーとオペラ鑑賞」などの場合もありうる。

また、航空券だけ購入して細かい旅程を決めないのを好む旅行者(バックパッカーに多い)、出発前に大まかに旅程を決めてから行く旅行者、旅程をしっかり組んでから出発する旅行者と、様式も人それぞれである。あらかじめ計画を立てる場合には、全体としては個人旅行であるが旅程の一部分で現地発着ツアーを利用するなど、既存商品を組み合わせて旅行する者もいる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テーマ:旅行情報 - ジャンル:旅行

旅行、旅について考える
旅行は、とても楽しい。
国内旅行、海外旅行・・・
目的も観光など様々。
家族と、友達、恋人と・・・
新しい景色、感動体験など。

旅行について、考えてみました。



旅行(りょこう)とは、人が徒歩もしくは何かしらの交通手段を用いて、空間的、物理的に移動する事である。単に旅(たび)ともいう。



旅行の目的
旅行には、通常は目的地がある。その目的地に行って、観光、気晴らし、放浪、商用、帰省、様々な事を行なう。又、その移動過程を楽しんだり、移動中にも観光などを行なう事もある。特殊な例では移動そのものが目的の場合もある



旅行の種類
旅行の種類としては、次のようなものがある。

・(目的による)修学旅行、卒業旅行、商用旅行、研修旅行、取材旅行、慰安旅行、帰省旅行
・(参加者による)新婚旅行、家族旅行、社員旅行
・(参加人数による)団体旅行、個人旅行、一人旅
・(手段による)鉄道旅行、自転車旅行、徒歩旅行、船旅
・(目的地による)海外旅行、国内旅行、温泉旅行
・(形態による) 滞在型旅行、周遊型旅行
・(旅行業法による)募集型企画旅行、受注型企画旅行、手配旅行
・(その他)無銭旅行



交通と旅行
過去は交通手段が自分の足だけという時代、旅行を楽しむ余裕などなかった。「東海道中膝栗毛」などを見るとよく分かる。馬に乗る、船に乗るなどは、一般庶民には手が届かなかった。

鉄道が利用出来るようになると、一般人でも長距離の移動が楽に出来るようになった。

内燃機関の発達により、自動車(自家用車・バス)での旅、自動二輪での旅が可能となる。それにより船は船旅に利用されるだけでなく自動車・自動二輪の輸送用(フェリー)としても利用されるようになった。

現在は飛行機という空を飛ぶ交通手段も誕生し、地球の全ての場所が旅行の行き先へと変化していったのである。エベレストや南極すらパッケージ旅行の目的地になりうる。

又、最近では宇宙旅行を計画・販売している旅行会社も現れるようになった。



観光施設や観光場所
テーマパーク、遊園地、動物園、植物園、博物館、美術館
海水浴場、避暑地

休暇村
観光洞窟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テーマ:旅行の計画 - ジャンル:旅行





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。